かわいいウエディングドレス

大阪でとっておきのウェディングドレスを

ウエディングドレス

結婚式は一度きりでいいのですが、ウェディングドレスはもう一度着たいなあと思います。私は大阪のホテルで結婚式を挙げたので、ホテルの中にあるレンタルショップでドレスを借りたのですが、多くのドレスの中から一着を選ぶ作業は、それはそれはとても楽しいひと時でしたね。あれが結婚式の本番だったかも、と思うほどです!一見するとデザインの違いがよく分からないウェディングドレスですが、見た目と着た時とでは雰囲気が全く違いました。「これ、素敵だな」と思っても、何となく自分の雰囲気と合わなかったり、反対に「これはどうかな・・・」と思うものが意外と似合っていたり。自分に本当に似合うウェディングドレスを選ぶためにも、試着は必須ですね。一度きりの結婚式ですから、自分にばっちり似合うものを選びたいですよね。
私が式を挙げたのが寒い時期だったのですが、式後に少し外を歩くことがあり、その時に真っ白なケープを被りました。このケープがゲストから「クラシカルで素敵!」と評判で、同じドレスでも小物一つで雰囲気ががらりと変わり、一着で二度楽しめた気分でした。小物といえばベールでもドレスの雰囲気が全く変わってきますよ。
シンプルなクラシカルなウェディングドレスにはボリュームのある華やかなベールが似合いますし、ドレスを目立たせたければシンプルなベールが良いかもしれません。細部までこだわって、最高のウェディングドレスと出会って下さいね!

大阪のウェディングドレス選びの思い出

ウェディングドレスは、女性の永遠の憧れですね。私は、レストランウェディングを意欲的に行っている大阪のイタリアンのお店で、挙式しました。こじんまりとしたおしゃれなレストランでした。そこでのウェディングドレス選びの思い出です。
そのレストランは、近くの美容室と提携しており、ドレス選びの際は、レストランの女性スタッフ(40代)と美容室の経営者女性(60代)が、衣裳店へ連れて行ってくれました。2人とも、ウェディングの準備を楽しみにしている様子。衣裳店では、「これはどう?」と、次々ドレスを持ってきて試着室の私に渡しては、外で心待ちにしてくれるのでした。
理想としていたウェディングドレスは、ノースリーブのクラシカルなAラインで、すそにかけてレースが広がっているタイプ。ところが、好みに合ったデザインはなかなか見付かりません。申し訳なく思っている私に、2人とも「さあ、次へ行きましょ!」と言ってくれて、3軒目へ。そこで、まさしく理想通りのドレスが見付かったのです。「よかった!とうとうあったわね!」と小躍りして喜ぶ2人を見て、つい涙ぐんでしまいました。
そして迎えた大阪でのレストランウェディングは、手作り感いっぱいで終始和やか。両親はじめ皆笑顔で祝ってくれました。ウェディングドレスを見かけるたびによみがえる、幸せなドレス選びの思い出です。これからの花嫁さんたちにも、お気に入りのドレスとの出合いがありますように。

憧れのウェディングドレスでお姫様気分に

女の子はいつまでもたくさんの憧れを持ち続けています。その数あるたくさんの憧れの中でも、ウェディングドレスというものはとても大きな存在です。大好きな人と結ばれる喜び、それと同時にその憧れを果たす時がやってくるのです。素敵なドレスを着たお姫様のような気分になれる。その横には大好きな人。結婚式って、なんて素敵なのでしょう。結婚式ではぜひ素敵なウェディングドレスを借りて、憧れのお姫様気分で過ごしたいですね。
ウェディングドレス選びはドキドキやワクワクがたくさん詰まった時間です。ウェディングドレスは嬉しくて叫びだしたくなる程のたくさんのデザインがあるので、その中からこれだと思う1着を選ぶのもたいへんです。
あれも着てみたい、これも着てみたい。そんな中から厳選して選ばなければならないのですから。こんなドレスが着たいと思う理想のウェディングドレスが決まったら、ウェディングドレスコーディネーターに上手にその気持ちを伝えるのはとても大切です。その気持ちと理想のウェディングドレスへの思いがウェディングコーディネーターに伝わった時、あなたにぴったりの素敵なウェディングドレスが決まるのです。
たくさんの中から選んだ素敵なドレスのデザインや色、そして結婚式場のデコレーションがひとつなって、それはもう愛で溢れ、お祝いに来てくださっただれもが幸せになれるような、ハートでいっぱいの空間になるのでしょう。


TOP

Copyright © 2016 大阪でクラシカルな最高のウェディングドレスと出会うためには All Rights Reserved.